睡眠不足がダイエットの天敵と言われているのはなぜ?

ダイエットに成功するためのカギとして「睡眠不足を避けること」が挙げられます。一生懸命運動をしていたり、食事制限をしたりしていても、睡眠が十分に取れていないと痩せるのはかなり難しいのです。では、ダイエットと睡眠の関係性について考察してみましょう。

睡眠時間が少なくなると、体内で分泌されるホルモンのバランスが不安定になることが分かっています。例えば、満腹中枢を刺激してくれる「レプチン」というホルモンは、睡眠時間の減少に伴って分泌量が減ってしまいます。同時に、空腹の信号を脳へ送る「グレリン」というホルモンは活発に産生されるようになります。そのため、睡眠時間が短い人は夜になるとお腹がすいてしまい、ドカ食いをしたくなるという傾向が強いのです。

就寝中には、体内の傷ついた細胞を修復するため、成長ホルモンが活発に分泌されます。この修復作業ではグリコーゲンや脂肪分など体内に蓄積されているエネルギー源が一気に消費されます。一方、睡眠時間が短くなると成長ホルモンの分泌が滞ってしまうため、結果として体内のエネルギーが消費されることなく蓄積していまい、肥満になりやすくなるというわけです。

ダイエットを成功させるためには、脂肪が燃焼しやすい体を作ることがカギとなります。この点で大きな助けとなるのが「コルチゾール」というホルモンです。「ストレスホルモン」とも呼ばれるこの物質は、睡眠時間中、とりわけ明け方から体内で活発に活動し、蓄積している脂肪を燃焼させてエネルギー源となるようにサポートしてくれる、という素晴らしい働きがあります。ただし、睡眠時間が少なくなると、コルチゾールの分泌量は増えすぎてしまい、血液中にエネルギーが過剰に存在する状況を作り出してしまいます。そうなると、高血圧や高脂血症になるリスクが高まり、結果として肥満になりやすくなってしまうのです。
ここで紹介した各ホルモンと、睡眠とダイエットの関係について、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。
世界睡眠会議 ダイエットと睡眠の「深い関係」とは?

睡眠時間を十分に確保できない人は、仕事へ向かう直前まで眠ろうとすることが少なくありません。中には朝食を取らずに仕事へ向かう人もいます。そうなると、体はきちんとエネルギー源を確保できないため、飢餓状態に陥ってしまうでしょう。その結果、体はさらなる飢餓状態を避けるため、食事で摂取する栄養を可能な限り貯蔵しておこうとします。そのため、意図せずに脂肪が増えてしまうということになるわけです。これを避けるためには、忙しい中でもきちんと朝食を摂取することが重要なポイントとなります。

Copyright © ダイエットを成功させる秘訣とは? All Rights Reserved.